へんろ道(西方向)福井町下組と言う文字ありこの細道の右手に橋の扁額昭和32年7月ここを右折すると細道があってその左下に橋の親柱らしき小さな石碑があった福井橋振り返ったところ向うに新しい石碑あり大野勘蔵(医師)浦屋淳(医師)大野医院跡らしい。新しい福井橋昭 ...

この先は「福井町」と言って、久万の中心部らしい愛媛信用金庫染次金物店まちなか交流館お茂ご「おもご」?木材の香りがしそうな大きな石碑が見えてきた遍路道は、辻の家並みを抜けてやがて国道33号を横切って久万郵便局の横を進むと、大字久万町福井町で旧国道(現久万木通 ...

久万高原町役場初めて久万高原町の町並を歩きます。国道33号線ではなく、役場より東の道へNTT久万電話交換所もう使ってないようだこの左右の道がかつての主要道だと見た青木大明神 「伊予鉄駅の北西隅に『青木大明神』が祀られています。戦国時代に長宗我部軍が伊予に攻め ...

宇和島市御徒町2022年1月にこの地を訪れると旧町名富沢町江戸時代末期楠本イネの居宅がここにあったというのは資料より明らかであるが、この看板のように「医院を開業していた」と言う史実は存在しないらしい。この画像は2008年宇和島町並ミュージアムの看板これに ...

あの三角の建物は、北村釣具小中学校の時よく行った。小学校の時、夏休みの北村こども釣り大会で、わしが二位入賞したことはあまり知られていない。ここは本村川?斎藤別川とこの先で合流してるはずポンプ場看板の字が消えて見えない宇和島市の埋め立てはもう限界で、この辺 ...

久々の三津こんなアートが2022年三津浜を行く初めて行ったのは2010年三津浜を行く 2丸木醤油この建物は記憶にある看板の跡が残っている塩元賣捌所(2010年の画像)樋の継ぎ手に隠れた琺瑯看板も健在福岡医院お好み焼き いずみまたしてもアート三津の渡し旧問 ...

三津の渡しから港山へ厳島神社か久々です港山この看板も伊予鉄港山駅この奥に有名なもぐさ屋さん広い道に出てみた帰ります帰ります(どこへ)一茶ゆかりの地港山集会所終りささき整体施術院愛媛県宇和島市坂下津乙18-5電話番号 0895-23-7177施術料金 1時 ...

久々、大洲赤レンガその近くに錆びたトタンの看板花の日々(ハナノヒト)この店は?靴下?プラチナ高級万年筆こんなガラスケースがあったとは正面ここはかつて映画のロケにも使われたトシちゃんと、大竹しのぶお菓子が並べられてあった近くにこんな手押しポンプ現役なのか? ...

港山町絵になる風景造船所の社長さんにそう言ったら「絵を描くのなら」と案内してくれた。ごめんなさい、嘘云いました。絵と数学は苦手です💦造船所中川造船でも見たような気がする船の牽引機滑車を引っ張る海中からこれに船を載せて、間に木を噛ませて引き上げる瀬戸内海の ...

久々に九島へあのあたりに観音様があったはず見えた九島小学校昭和45年4月1日統合九島中学校跡宇和島市教育長 大野利文統合当時、中学3年だった方の話では、在校生と九島出身の生徒が毎日喧嘩ばかりしていたと聞いた。私が入学した昭和47年は、みんな仲良くニコニコ ...

↑このページのトップヘ