宇和島市の中央町と丸穂橋の間に流れる辰野川の上に並んで同じ名前の橋がある



m-P1020275


丸穂橋


amP1020282amP1020283



m-P1020279


新しい丸穂橋 昭和39年架橋


amP1020286


こちらが古いほうの丸穂橋


amP1020276amP1020277





かなり古い橋だが、年代がわからない


近隣にある古い橋と比較して年代を想像すれば、おそらく大正~昭和一桁ではないかと思う。


m-P1020290


これは下流にある丸山橋


m-P1020295


昭和三年架橋 宇和島でも古い橋の部類に入る。


南予にコンクリート橋がたくさん架設されるようになるのは昭和30年代後半くらいからだ。





板島橋のように、大きな川に架かるのはさらに40年代になってから。




06

昭和6年

昭和初期の地図には、中央公園は無い。



06

昭和29年

おそらく戦後の区画整理で新たに作ったのではないかと想像する。


それまでは古い橋につながる道がメインだったと思われる。


あるいは、新しい橋は中央公園と一緒にできた新しい道用に作られたのではないだろうか。


(以上は想像です。事実で有るかどうかは判りません)