00-DSCN0168

愛媛県立高等学校


00-DSCN0167
今は玄関らしくなっているが


2022-10-17 16.39.31
我々の頃は、道路から校舎迄民家が混在し、境がよくわからなかった


00-DSCN0170
右手に山下実科女学校の碑があった


00-DSCN0172
優美貞淑


00-DSCN0173

碑刻は大正8年とある

なんと、澁澤榮一の書である。



00-DSCN0177

二代目 松



00-DSCN0174


平成10年植樹

00-DSCN0176

かつて、穂積陳重、歌子夫妻がこの学校を訪れた事があった。



311482563_5453341641409799_4896595074609423832_n
『千代可けて高記操能師登もな連満奈比の庭に植う留王可松』
(千代かけて高き操の師ともなれ学びの庭に植うる若松)
前書き「山下高等実科女学校記念樹下で」
この歌は、穂積陳重・歌子夫妻が訪問したときに松を植樹して穂積が詠んだと伝えられる。



以下引用

大正6年、この女学校開校の年、宇和島町に帰郷中の穂積夫妻(陳重・歌子)の一日、吉田のこの学校を訪問した。
この時の旅の記を歌子夫人は「宇和の濱徒登はまつと」と題して印行し、記念とされたが、その中で
「山下亀三郎主(ぬし)が、この頃その故郷なる吉田町に建てられる実科高等女学校を参観なしける折、校長の請はれるままにわが夫庭に小松を植ゑて
「千代かけてたかき操の師ともなれまなびの庭にううるわか松」と読み給ひければ
【この松をしるべとなして又も来ん 文(ふみ)の林のしげりあはんとき】
と、この日の事を夫人もものせし歌を添えて記しおられる。
川崎宏(「明治村通信」編集人)昭和54年



00-DSCN0191

さて、濱口誠氏の記憶によれば、この碑はかつて、旧山下女学校の敷地にあったという。

格技場

この向うは山下女学校敷地

吉田藩の竹倉があった場所


00-DSCN0192


00-DSCN0193
校舎はこの辺りだったかな?


2022-10-17 16.34.14
昭和53年頃

旧、国安寮


263331327_354625403132243_7974008204227823906_n
この場所が校舎だった


00-DSCN0225
石碑はあのバラックの向こう



00-DSCN0226
猫がいた



00-DSCN0227
右へ



00-DSCN0228

石材が散乱している


00-DSCN0229
これも遺構の跡か


00-DSCN0232
ここに、あの碑があった。




00-DSCN0209

国安寮の右手になる


つづく

sasaki

ささき整体施術院



愛媛県宇和島市坂下津乙18-5

電話番号 0895-23-7177

施術料金 1時間 3,500円

完全予約制




ma1ランキング参加中 ポチッと押してね。<(_ _)>




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村





これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。